バイオマス発電で地域活性化を図る

地域の活性化につながるバイオマス発電

地域の活性化につながるバイオマス発電
バイオマス発電が地域の活性化につながるといわれている理由は、日本には森林が多くて間伐材を燃料にできるためです。
化石燃料を使うよりもCO2排出量が少なく、さらに燃料を調達しやすいのも大きいといえます。
特に林業が盛んな地域は木質バイオマスが活用しやすいです。
木材を買い取り、木材の利用を促して資金を還流させることで、森林の整備や保全にもつながります。
燃料調達や流通で新しい雇用が生まれ、地域経済の活性化につながっていくと予想されています。
また、未利用材や樹皮は燃やしても発熱量が多い効率の悪い産業廃棄物であり、処理をするのにも多くのお金がかかるものです。
この厄介な産業廃棄物を有効活用する仕組みを構築すれば、大きなコスト削減になります。
材料の調達のために間伐が促進されることで、森林の軽減も保つことができます。
バイオマス発電はCO2発生量の抑制につながるとともに、山地崩壊防止などの効果も期待され、さらには視察ツアーというビジネスを生み出す可能性もないわけではありません。

燃料調達と流通がカギ

燃料調達と流通がカギ
バイオマス発電で地域の活性化させるためには、燃料調達と流通がカギになります。
その地域に分散している木片を回収するにあたっては多くの人手が必要で、コストもかかります。
買取制度が構築されて、燃料の調達と流通体制が整えることが、未利用資源を安定して収集し、流通していける理由になります。
もちろん、運搬の経費もかかり、採算性が見合うかどうかの問題もないわけではありません。
バイオマス発電で地域活性化を図るにはまだ課題がたくさんあるのが事実です。
しかし、すでに未利用材のチップ化や破砕によって形状を均一になるようになって、燃料供給の自動化が進んでいます。
地域全体の連携は必要になるものの、今後さらにバイオマス発電がビジネスとして具体化されていくと、需要と供給のバランスも整っていくでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.