バイオマス発電における 国内クレジット制度とは

国内クレジット制度とは

国内クレジット制度とは
国内クレジット制度は大企業の資金や技術の提供を受けたうえで、温室効果ガスの排出削減事業を行うものです。
そして、削減した温室効果ガスを成果として、国内クレジット認証委員会が承認した排出削減量をさします。
大企業は排出量削減目標から不足した分をクレジットで補うことができて、中小企業は大企業の技術や資金により、省エネを進めることができます。
省エネ法の共同省エネ事業報告、自主行動計画の目標達成、温対法の調整後排出量報告などをすることになります。
排出削減事業者は自主行動計画に参加していない中小企業などを対象にしています。
少しでも排出削減を行っていこうとする制度であり、すでに旅館やショッピングセンター、事務所ビルなどでその成果が報告されています。
その省エネ効果を国が認証する制度であり、いかに省エネに貢献したかによって設備投資をさらに加速化させることになるでしょう。

バイオマス発電と省エネ

バイオマス発電と省エネ
バイオマス発電の肝となるのが未利用材の活用です。
間伐材を切り出して運搬するのはコストが高いものの、日本は森林が多くてその多くは林道も整備されていないほどです。
実際にはほとんど利用できていない状況であり、今後は海外から輸入された木材を使って発電をしていくプランもあります。
バイオマス発電によって二酸化炭素排出削減ができて、課題である安定した供給に関しては自然環境に左右されず、生物資源の確保ができれば、安定して発電ができるのも魅力的です。
省エネ設備の導入、再生可能エネルギーの活用による電気代やエネルギーコストの削減により、投資回収期間を短縮化できるメリットがあります。
照明設備や空調設備の導入、化石燃料あるいは系統電力の代替といった中小企業にとって取り組みやすい内容となっているのも魅力的です。
バイオマス発電と国内クレジット制度は密接な関係にあるといえます。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.