バイオマス活用推進基本法について

バイオマス活用推進基本法とは

バイオマス活用推進基本法とは
バイオマス活用推進基本法はバイオマス発電を総合的かつ計画的に推進して、経済社会の実現に寄与するための法律です。
さらに、地球温暖化の防止、産業の発展や国際競争力の強化、環境の保全への配慮などが規定されています。
バイオマス活用推進基本法においてのバイオマスの活用はバイオマスを製品の原材料の原材料あるいはほかの間接の原材料として利用する場合も含めます。
これらをエネルギー源として利用していき、地球温暖化や循環型社会形成、戦略的産業育成などの観点から、課題がある場合も解決を図っていくものです。
そして、バイオマスタウン構想をさらに発展させるのもひとつです。
バイオマスタウンとは、地域関係者が連携したうえでバイオマスの発生から利用まで、効率的なプロセスが結ばれた安定的なバイオマスの利活用が行われる地域です。

バイオマス産業都市とは

バイオマス産業都市とは
バイオマス産業都市はバイオマスの活用に重点を置き、木質、食品廃棄物、下水汚泥といったバイオマス原料生産の収集、運搬、製造などの経済性が確保された一貫システムを構築する地域です。
バイオマス産業を軸として、産業創出と地域循環型のエネルギーの強化を図るのが目的です。
産業廃棄物を有効活用するバイオマス発電は大きな可能性を秘めています。
バイオマス発電が起点となって新しい雇用や産業が生まれることも予想されており、その地域全体が活性化する理由になります。
まだバイオマス発電はビジネスと成り立つレベルにまで至っているとは言い難いです。
ただ、バイオマス発電でコストが見合うようになれば、地球温暖化の防止にもつながって経済社会の実現に寄与することができます。
バイオマス活用推進基本法は今後バイオマス発電で経済が循環していける仕組みと地球環境に配慮して行っていくべきという規定です。
そして、バイオマス産業がさらに発展していけば、バイオマス産業都市がさらに多くなっていくと予想されています。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.