沖縄県うるま市が行うバイオマスタウン構想とは

地球温暖化が世界的な問題

地球温暖化が世界的な問題
世界的に地球温暖化が大きな問題となっているなかで、バイオマスは土地や水や太陽の光などを何度でも再生できる資源であり、課題解決につながる可能性を秘めています。
次の世代に豊かな資源を残すためには、環境に配慮した取り組みを行わないといけません。
沖縄県うるま市では、バイオマス事業を今後さらに発展していく考えです。
廃食用油や建築廃材などを使用した木質ペレット燃料製造事業を農林水産省の助成を受けて事業化されています。
今まで使い終わったものから燃料を作れるのがバイオマスの最大の特徴です。
建築廃材からできあがった木質ペレットは石炭と一緒に燃やされて電気を作る原料となります。
沖縄県うるま市全体で資源の有効活用利用を行い、バイオマスタウン構想が策定され、環境保全としながら経済を大きく動かしていくといえるでしょう。

バイオマス発電の未来

バイオマス発電の未来
バイオマス発電は今まで捨てていた資源を燃焼として電気をつくれるのが最大の魅力です。
環境保全をしていくというテーマに沿っており、農林水産省のバックアップもあります。
その地域全体で取り組むだけの理由は少なくありません。
また、新しい雇用や産業が生まれる可能性もあります。
産業廃棄物の収集や運搬に伴う費用が費用対効果に見合うのかが懸念されているものの、大いなる可能性を秘めているのが事実です。
火力発電は石炭などの化石燃料を燃やすものです。
ただ、CO2を排出するという問題があります。
バイオマス発電の場合はCO2を排出させないという魅力があります。
さらに、自然環境に左右されずに生物資源の確保ができるのも大きいです。
安定して発電することができるのなら、バイオマス発電は今後火力発電にかわるだけの要素を持ち合わせています。
バイオマスタウン構想を確立させるためにはまだ課題がたくさんあるものの、農林水産省がバックアップして確立していくために力を注ぐ方針です。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.