製品情報

製品情報

太陽光発電システムは、その設置場所によりそれぞれ適した特性を持たせることが可能となります。
発電を妨げる原因として、設備の錆び・パネルの汚れ・日影の発生等が挙げられますが、各々対策を施すことで、立地の制限を受けることなく太陽光発電システムの設置が可能となります。

各メーカー保証

各メーカー保証期間表

太陽光発電システムの特性

太陽光発電システムの特性 区画イメージ図 7 フェンス 太陽光発電システムの周囲にフェンスを 5 草上シート 5 鉄鋼スラグ 4 架台 3 パワーコンディショナ 2 クリアシールド 1 単結晶シリコン系太陽電池 6 塩害対策 7 フェンス
1 単結晶シリコン系太陽電池 (ソーラーパネル)
シリコンの原子同士が規則正しく結合しているために結晶が安定し、常に同じ特性を発揮できる。変換効率が高く、耐用年数が長いのが特徴。
2 クリアシールド
パネルの表面を完全保護し、最大50%程といわれる汚れやゴミ等による発電効率の低下を防ぎます
3 パワーコンディショナ
接続箱機能内蔵により設備負担金を軽減。また、小出力のパワーコンディショナを複数台設置することで故障等のリスクを分散。
4 架台
アルマイト加工を施し、極限まで錆びを防ぎます。
5 草上シート・鉄鋼スラグ
草上シートを地面に被せたり、鉄鋼スラグを敷き詰めることにより草の成長による日陰が出来ることを防ぎます。
6 塩害対策
海の近くの物件では、塩害対策仕様のパネル、パワーコンディショナを使用。
7 フェンス
太陽光発電システムの周囲にフェンスを設置し、外部からの侵入を防ぎます。
パワーコンディショナ 分電盤 緯度と同じ角度 遠隔監視システム 電力量計 買電メーター 売電メーター
自然的要因が原因となって発電を妨げられるケースでは、このように対策をとることで回避できるものがほとんどです。他に例を挙げるとすれば、それは自然的要因によるものではなく設備の故障や著しい出力低下であると予想されますが、これはメーカー保証や損害保険及び利益補償保険によりリスクヘッジが可能となります。
太陽光発電システムの特性は、高利回りや高発電量といった面だけではなく、建設時の工夫や対策によって変化し、その結果として太陽光発電システムの持つ能力が最大限に引き出され、20年間という長期的な投資を守ることに繋がると考えています。
  • 上記はイメージ図となります。建設時に実際に使用するものとイメージが異なる場合がございますので予めご了承下さい。
  • 物件により施される対策が異なります。
  • 各物件の立地ならではの弊害等がある場合、表記以外の対策が施される事がございます。
  • 使用部材は一部変更になる場合がございます。
まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.