太陽光発電投資とは?

太陽光発電システムの所有者になって、発電した電気を電力会社へ販売(売電)することで収益を生む投資モデルです。有効利用されていない遊休地に、区分けされた大規模な太陽光発電システムを建設し、お客様のご予算に合わせてご希望の区画をご購入頂くことができます。そして、固定価格買取制度(全量買取制度)によって、電力会社による20年間の電力買い取りが約束されている為、長期の安定収入を得ることが可能となります。万が一の事故などに対する保険制度も20年間完備されているのに加え、所有者様ご自身による保守・メンテナンス等が不要で、運用に関する負担が少ないのも魅力です。

taiyou01-01

ソーラーシティジャパンが販売するソーラーシステムをご購入頂くと、 発電した電気を「20年間の固定価格」で電力会社に販売する権利を取得することができます。 近年では技術の革新によりソーラーシステム原価が下がったことをきっかけとして販売価格も下がり、 長期安定投資として成り立つ分野となりました。固定価格買取制度の施行により太陽光発電が広く普及し、メーカー間の価格競争が行われました。価格だけでなく技術の進歩で、変換効率がよくなり、パネルの発電量が大きくなりました。1枚のパネルで発電できる容量も増加し、よりたくさんの発電量が見込めるようになっています。 「長期安定」「高利回り」のキーワードを掲げることのできる太陽光発電投資は、 まさに今が旬の投資といえるでしょう。

太陽光発電=環境投資 遊休地を活用しクリーンエネルギーを創り出す

太陽光発電に投資することは、単に金銭的利益を生むだけのことではありません。太陽光発電は発電時にCO2(二酸化炭素)を発生させない為、地球温暖化防止の課題となるCO2削減に大きな効果をもたらします。さらに、化石燃料と呼ばれる有限資源(石油、石炭、天然ガスなど)の消費を抑制できることも新エネルギーとして注目されている理由の一つです。太陽光発電の普及が進むことは同時に環境投資をしていることに繋がります。また、太陽光発電システムを設置する為には広大な土地が必要で、これまで有効利用されていなかった遊休地の利用促進にもなります。

老後を楽しむ太陽光発電投資による新たな年金プラン

太陽光発電投資は月単位で安定した不労収入を長期的に得られる特性から、新たな年金プランの一つと捉えられる方が増えています。現在、公的年金の受給金額は年々減り続けており、これまでのような公的年金に頼った老後の生活設計が難しくなっています。下表のように老後の生活費の不足分は約3,000万円と専門家が試算しており、太陽光発電投資の長期安定運用・毎月の収入という性質上、この不足分を補うのに適した投資と言えます。また、20年という一定期間で資産処分が可能なので、後世への負の遺産になりにくいことも特徴の一つと考えられます。パソコンやスマートフォンなどから日々の発電量をリアルタイムでチェックできるので、お子様やお孫様とのコミュニケーションに使えることや環境に配慮したエネルギーの意義を伝えるきっかけにもなります。

老後に必要な生活費の平均額 60~65歳 ● 無年金期間の生活費  26.5万円※×12ヵ月×5年=1,590万円 ※夫65歳以上、妻60歳以上の高齢無職世帯の夫婦の1ヵ月の平均支出 65~90歳 ● 年金では足りない金額  4.1万円※×12ヵ月×25年=1,230万円 ※高齢夫婦無職世帯1ヵ月の平均収入22.4万円(公的年金など+その他)-平均支出26.5万円=-4.1万円 + 計2,820万円 ● もしもの介護や病気に備えるお金 200万~300円 (出典)総務省「家計調査報告書」(平成22年) 約3,000万円

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.