グリーン投資減税に代わる税制について~太陽光発電システム購入で活用できる節税対策~

本制度のご利用は一部を除き受付終了となっております。
※詳しくは各種管轄省庁HP等にてご確認ください。


生産性向上設備投資促進税制とは?

生産性向上設備投資促進税制とは、質の高い設備投資の促進によって事業者の生産性向上を図り、もって我が国経済の発展を図るため、「先端設備」や「生産ラインやオペレーションの改善に資する設備」を導入する際の税制措置を新設されました。A類型とB類型の2つの確認等の方法があり、どちらかの確認等を受けて、取得価格要件等を満たした場合に税制措置を受けられる。

対象者

青色申告をしている個人・法人(対象業種に限りはございません)


適用事業年度

特定生産性向上設備等の取得等をして事業の用に供した事業年度となります。但し、産業競争力強化法の施行の日(平成26年1月20日)から同年4月1日に終了した事業年度の末日までの間に特定生産性向上設備等の取得等をして事業の用に供した場合は、適用対象事業年度は平成26年4月1日を含む事業年度となります。
適用対象事業年度であっても、解散の日を含む事業年度及び清算中の各事業年度においては適用できません。

適用期限・優遇措置

    平成26年1月20日~平成28年3月31日の間に取得・事業の用に供した場合、以下のいずれか一つの税制優遇措置を選択できます。
  • 1取得価格の5%税額控除(建物及び構築物は3%)
  • 2即時償却(100%償却、全額償却)

    • 平成28年4月1日~平成29年3月31日の間に取得・事業の用に供した場合、以下のいずれか一つの税制優遇措置を選択できます。
    • 1取得価格の4%税額控除(建物及び構築物は2%)
    • 2特別償却50%(建物及び構築物は25%)

制度概要

生産性(生産活動・販売活動・役務提供活動等)の向上につながる設備投資について、税制控除又は即時償却が適用出来る税制措置です。

生産性向上設備投資促進税制の概要説明

※当ページ掲載情報は、経済産業省が公開をしている資料に基づき作成されており、生産性向上設備投資促進税制の対象となる太陽光発電設備について、基本情報のみを示したものです。詳しい情報をお知りになられたい方は、経済産業省ホームページをご覧下さい。

再生可能エネルギー発電設備に係る固定資産税の軽減措置とは?

再生可能エネルギー発電設備に係る固定資産税の軽減措置とは、平成24年5月29日から平成29年3月31日までに取得した再生可能エネルギーの固定価格買取制度の認定を受けた発電設備に対して、固定資産税を軽減する制度です。

固定資産税軽減措置の説明です。

グリーン投資減税とは?

グリーン投資減税とは、エネルギー起源CO2排出削減や再生可能エネルギー導入拡大に資する設備投資の加速化が必要不可欠であるとの観点から、平成23年度税制改正において創設された税制のことをいいます。

対象者

対象設備を取得等し、かつ1年以内に事業の用に供した個人及び法人
(この場合の個人及び法人とは、青色申告書を提出する個人及び法人のことをいいます。)

制度概要

以下のいずれか一つの税制優遇措置を選択できます。

  • 1.即時償却(100%償却、全額償却)
  • 2.普通償却に加えて取得価額の30%相当額の特別償却
  • 3.中小企業者等に限り、取得価額の7%相当額の税額控除

適用期限(取得等の期限)

平成28年3月31日
(即時償却の場合は平成27年3月31日)まで

適用事業年度

事業の用に供した日を含む事業年度において適用可能

※当ページ掲載情報は、資源エネルギー庁が公開をしている資料に基づき作成されており、グリーン投資減税の対象となる太陽光発電設備について、基本情報のみを示したものです。詳しい情報をお知りになられたい方は、資源エネルギー庁ホームページグリーン投資減税のコーナーをご覧下さい。

グリーン投資減税に関する情報です。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.